FC2ブログ




アダルトグッズ 激安通販店 SALE!!


無修正人妻熟女 エッチな0930



完全無料人妻・熟女出会い系サイト





42歳でセカンドヴァージン、今はSEXの虜

42歳でセカンドヴァージン、今はSEXの虜
出演者: 静
年齢: 42歳

静・42歳。身長166.5cm・体重50.5kg・血液型B型・B84(B)・W60・H91。この年になってもお嬢の様な愛を語り相反したAVに出る。カラミのまえのシャワー時、小さな袋に入ったパンティを穿き替えるのに、腋毛は処理しないちぐはぐさ。愛が無ければ感じないと言いながらローターに仰け反り、挿入する時は少○の様に「ゆっくり」と懇願し後は喘ぎ、飛び散る精子を拭き取りながら、一線を越えた事に涙を堪え顔が歪む不思議な熟女。以前興した事業の失敗から、大きな負債を抱える事に。しかし持ち前の前向きさで再出発に向け心機一転で選んだのが「AV撮影」という今までの静さんには、とても異質の世界。しかし新たな扉を開くべくチャレンジに緊張は勿論だが、非常に真面目な方で、考え方がかなり偏っている。特に静さんの性に対する偏見を感じるのだ。「結婚式の純白ドレスは、真っさらな状態でお嫁に行く時に着るもの」と24歳まで、この人がと思える人が現れるまで処女を通した。それまでは性に対して関心は無く、18歳の時に友達の家で見つけたH本。初めて男と女の行為を知った時、吐いてしまった程性の免疫が無い。当然オナニーはした事も無く興味も無い。こういう人に限って24歳の初体験で一発妊娠してしまい、出産したが不幸にもすべて悪い結果で、結婚もせずにお別れ。それっきり男性経験も無く42歳までセカンドヴァージン。そして結婚を前提にお付き合いしている人が出来、人生2人目の男性だ。SEXが気持ち良くなるものだと知った様に話す。相手52歳にもかかわらず、月に3回時間を過ごすらしいのだが、SEXの回数は20回以上ととんでもない回数。夜4回、朝3回と年齢的には異常で彼女は早漏では無いと言い切るのだが。昨晩は、彼を相手に練習をしてきたそうで 「男性をどうやって気持ち良くしてあげたらいいのか」その念入りなフェラが彼を興奮させ結局5回もしてしまうハメに。「宜しくおねがいします」と本日の年下の相手に屋外で会話。部屋に戻りシャワーを浴びる。脱衣所に設置してるカメラに映っていたものは、浴びる前黒いパンティを脱いだが、服を身に着ける時にパンティを穿かない。いったん脱衣所を出ると手に小さな袋、中のビニール袋から別のパンティを出して穿く女の嗜みを見る思いだ。息子であってもおかしくない年齢の彼に身をまかせ、ゆっくり服を脱いだものの、いきなりマングリ返しであられもない姿に。ジュルジュルと音をたてての激しいクンニにまるで子犬のようにワナワナしながらアゥ~ン、アゥ~ン彼にお返しをパンツの上から股間をさすり「ビンビンですネ」嬉しそうに下ろし、パクリ、夕べの練習を思い出し丹念に「舌先で先端を、玉の方も」とレクチャーされながら献身的に反り返る元気なモノを味わうのだ。「優しくネ」不安を覚えながらも生涯3本目の竿を挿入、彼とは違う激しい腰の動きが彼女の身体を更に熱くする。彼も様々な体位であらゆる角度から付きまくる。大きく広げた陰部をさらけ出し次第に喘ぎ声もエスカレートしていく、今日始めて使ってお気に入りのローターで挿入しながら、クリを集中攻撃すると、愛が無いのに思わず『イク~』更に激しくなる彼の動きに経験の少ない静さんもイク瞬間を感じ取り「来て~!来て~っ」お腹の上にビュッビュッ「ほら、こんなに」初めてお腹の上に放出された白い液体に触れてみると、恐る恐る匂いまで嗅いでしまう。そして身体に飛び散った精子をティッシュで拭き取りながら顔が歪む。泣き出しそうなのを堪えている。それは一線を越えた申し訳なさなのか。彼を思わずに快感により愛の無いSEXでイッテしまった、自分の考えをを否定してしまう葛藤なのか…。

詳細



42歳でセカンドヴァージン、今はSEXの虜     42歳でセカンドヴァージン、今はSEXの虜

=>ジャケット写真を拡大
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
四十路の豊満美熟女・内田桃子の初裏無修正作品!